新車を当て逃げされてしまった

新車を当て逃げされてしまったことがあります。もちろん、すぐに警察に届け出ました。まだ犯人は捕まっていません。最初は怒りだけしかありませんでしたが、次第にもっと現実的なことに気づくようになってきました。例えば、修理代などの費用です。新車ということもあり、大事に利用していました。それがいきなり凹んでしまったので、これはもう修理に出すしかありません。犯人が捕まれば請求することもできますが、まだ捕まりそうにないので、まずはすぐに修理に出すことに決めました。

いろいろな保険に加入していたこともあり、保険で何とかなりましたが、加入していなかったら大変でした。このようなこともあるので、保険への加入はできるだけ行っておいた方がいいかもしれません。今回の経験から、身を持って知りました。
それから、当て逃げに遭ってしまうことは誰でもあることだと思います。そんな時のためにも、修理業者などの存在は把握しておくことをお勧めします。私の場合、購入店が提携している業者を選択しました。スムーズに手配できたので良かったです。

もちろん、犯人が捕まったら、かかった修理代は請求するつもりでいます。そのためにも、領収書などはきちんと管理しておくことが大事です。
それから、今回のことで感じた点は、車の維持費はいろいろとかかるという点です。今回のような突然の事故に巻き込まれてしまうこともあります。いくら保険が適用されるからといっても、安心できません。ある程度の蓄えは必要かもしれません。

Comments are disabled.